15年以上掃除しなかった電子レンジを掃除で電気代を節約!

電子レンジ

こんにちわ

今日は電気代節約の話です。

我が家は電子ジャーでごはんを炊いたらすぐにご飯を容器にいれて冷凍するので毎日電子レンジを使います。現在、一杯分のご飯容器をあたためるのに500wで3分30秒ほどかかります。

この電子レンジの温め効率って電子レンジの庫内がきれいになっている場合と汚い場合とでかなり変わってくることを知りました。もし、清掃したら温め時間が減るのならば電気代もその分安くなるということですよね。さらに料理時間も節約できますよね。

ちなみに、一分間の電子レンジ使用の電気料金は0.47円だそうです。電子レンジの清掃で毎日1分間使用時間が減るとしたらチリも積もればなんとやらといいますから一年間でかなりの節約になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

重曹を使って電子レンジを掃除する

重曹

長年使った電子レンジの場合、温めた食材の油がとびちったりして油汚れがついています。それが加熱されて頑固な焦げをつくっています。これらの焦げが本来、庫内で反射され食材を温める電磁波を吸収して熱伝達効率を阻害するようです。この焦げ汚れを落とすのは難儀しそうです。

頑固な油汚れには重曹が一番。

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことです。この重曹、料理などにもつかわれ汎用性が高いものですが多くの使用方法は汚れ落としに使われるものですね。油汚れを落とす能力がすばらしいです。

電子レンジ清掃の手順

  1. ボウルに水200ccと重曹小さじ2杯をいれよく溶かして重曹水をつくる。
  2. 作った重曹水をボウルにいれて電子レンジで5分加熱し、扉を開けないで30分放置しましょう。(この間に重曹水が水蒸気になって庫内の汚れを浮かしていきます。)
  3. 30分後、ボウルの重曹水をスポンジなどにつけて庫内をよく拭き取りましょう。
  4. こびりついて落ちない頑固な焦げ汚れに油と重曹を混ぜて作った洗剤を塗って数分放置します。
  5. 最後に、重曹をすべて水ぶきタオルで拭き取り掃除完了です。

実際に僕がやってみた手順

1.重曹水をレンジで温め30分放置。重曹水をレンジで温める

2.レンジの回転皿を外す。レンジ回転皿

3.庫内を重曹水で拭き取る。(ひどい汚れだ)電子レンジの汚れ img_20161010_002007

4.頑固汚れを油と重曹を混ぜた洗剤で拭き取る。(頑固すぎて拭き取り切れなかった。)

img_20161010_002515

5.最後にペーパータオルで拭き取り完了。(汚れが強くてまだまだ汚い)掃除完了

まだまだ完全にきれいにできなかったので後日、もう一度タワシを使って清掃しようと思います。


電子レンジ清掃の後日談

冷凍ごはんの温め時間が一個の場合、今まで3分30秒かかっていたのですが清掃後は2分30秒で温めることができるようになりました。

しっかりと電気代と時間の節約ができたようです。