引っ越しをして家賃を6万円節約した話

引っ越し

こんにちわ

実は9月に東京から埼玉に引っ越しました。

東京にいたときは2SLDKで月額14万円で妻の通勤時間は電車で25分くらいでした。

現在は埼玉県に引っ越して2LDKで月額8万円になり、妻の通勤時間は電車で30分になりました。

埼玉に住んでみて思うことは、かなり街が栄えているということです。

西武新宿線や西武池袋線沿線に住むより、家賃は安いし通勤時間はほとんど変わらないのにデパートも最寄り駅にあったりして住環境はとても向上しました。

東武東上線ではこうはいかないけれど、埼京線や京浜東北線沿線はかなり栄えています。

スポンサーリンク

首都圏は「西高東低」の実態。実は埼玉や千葉エリアがお得!

吉祥寺などの人気エリアは家賃が高くて、同じ時間の通勤時間の埼玉・千葉の街より家賃が2万円は違ってきます。

街のイメージに振り回されず、自分の生活により利益をもたらす街を検証しましょう。

家賃を安くするコツとして、急行停車駅より各駅停車の駅を選んだりすると家賃をさらに下げられます。さらに、徒歩15分以上の立地やバス便を利用する立地に妥協すると大きく家賃を下げられるでしょう。

駅から離れたからと言ってデメリットばかりでなく、郊外向けの大型スーパーが近かったり通勤がきつくなるデメリットを補うメリットも意外とあるものです。

住居費は家計の固定費の大きな部分を占めていて節約効果も見直すことで大きくできる部分です。将来を見据えて大胆な見直しをしてみてはどうでしょう。子供が大きくなれば引っ越しのタイミングも難しくなったりするものです。いつでも引っ越しできると高をくくらないことが重要です。