私の禁煙体験 第二章 「禁煙外来を利用して禁煙」

shield-1313679_960_720

今回は私の二度目の禁煙体験の話です。

一度目の禁煙体験から読みたい方はこちらからどうぞ☟
http://live-strong.info/non-smoking-for-compensation-for-loss-of-stock

私が二度目の禁煙を決意したのは、前回の禁煙失敗から3年ほど経った頃でした。この時期のタバコ消費量は一日4箱吸う日もあり、朝起きると痰が喉にからみ不愉快でしょっちゅう咳込んでいました。
人生に希望も持っていなかった時期だったので肺がんで死んでもいいやと嘘ぶきひどい生活をしていました。そんな生活がたたって肺がシクシク痛みだしたこともあり、家族の勧めで肺がん検査にいったりもしました。結果的に、肺の病気は見つからなかったのですけど、今まで吸ったタバコの本数を計算されてこのペースで吸うと深刻な肺へのダメージが蓄積するといわれました。

丁度そのころ、私の兄が禁煙外来に通い、あっさりと禁煙を成功させたのです。禁煙外来という黒船の登場に愛煙家たちもざわざわしていた時期でした。

兄が私に禁煙外来のすばらしさを切々と語るのでそれなら自分もやってみようかと心が揺れましたね。その後、私の叔父が肺がんで50歳代で死去した知らせを聞いたこともあり家族みんなの勧めで禁煙外来に通うことになったのでした。

兄がいうには禁煙外来で処方される「チャンピックス」という薬を飲むとタバコなしでも辛くないしイライラしないということでした。そして、健康保険が適用されるので医療費もタバコ代一か月分くらいしかかからないから行くべきだと言っていました。

禁煙のモチベーション自体は、自分の内から沸き上がったものではなかったですが医学の力を信じて禁煙外来に踏み切る気持ちがもてました。

スポンサーリンク

禁煙外来体験解説

PASONAZ160306150I9A1901_TP_V

禁煙外来は三か月で五回の診察を受けて行われます。
この三か月で五回というのが健康保険が適用される上限らしいです。
一回失敗しても、一年以上期間を空けて再び禁煙外に挑戦できるということも聞きました。


診察初日

 ・一酸化炭素濃度測定
 ・ニコチン依存症審査の問診
 ・禁煙の意思表示
 ・禁煙の知識の説明
 ・禁煙補助薬処方

二回目以降(二週間後)
 ・一酸化炭素濃度測定
 ・医師との面談

最後の診察(五回目)
 ・一酸化炭素濃度測定をして無事基準値以内であれば卒業証書をもらえる。


このような流れなんですが、簡単にいうと最初の診断で保険適用可能か問診でチェックされ、治療法・薬の説明・禁煙外来の同意があります。
この初日がだるいだけで、二回目以降は単純に、呼気検査でタバコを吸ってないか検査され、医師から叱咤激励されるだけです。

私の禁煙外来体験

最初、私は薬の効果で単純にタバコがまったく吸いたくなくなるようになると思っていました。ですが、実際はそんなことはなく普通に口さみしさからタバコを吸いたい衝動はありました

せっかく通院しているのだからと思いタバコの本数を減らすなどの努力はしましたけど、ちょいちょい吸ってましたね。でも、タバコを吸ってもあまりおいしいと思わなかったです。それがチャンピックスの効果なのかもしれません。
ニコチンの離脱症状の苦しさを感じないようにする薬なのだと思います。だから、タバコは吸いたくなるけれど吸わないようにすればさほど苦しくなく我慢できるとうことなのかもしれません。

最初の一週間はタバコをちょいちょいすったりしていたんですけど、二回目の診断時に一酸化炭素濃度測定の呼気検査があるのです。喫煙していたら、医師の前でばつの悪い思いをすることになるので二週間目から禁煙しました。

三回目の診察は、さらに二週間後にありましたが、二回目と同じように呼気検査でばれないように診察日が近くなったら禁煙しました。

四回目の診察は一か月後に行われましたが、この時期はもうタバコを吸わなくなりましたね。

五回目の診察はさらに一か月後、無事禁煙して卒業しました。

禁煙外来卒業後、自分としてはやっぱり薬じゃなくて自分の意思でやめたような気持になっていました。実際、気持ちの問題だと今でも思います。強制的な呼気検査があったのでやめれたのだと思います。

禁煙外来で禁煙したあと、思ったのは「その気になればいつでも自分は禁煙できるじゃないか」ってことでした。「いつでも禁煙できるんだから、ちょっとまた吸ってみよう」と思いコンビニでまたタバコを買ってしまい、半月後にはヘビースモーカーに逆戻りしていました。

所詮、他人に言われて始める禁煙なんてうまくいかないってことだと思います。自分の心の底から沸き起こる気持ちで禁煙に取り組まないとうまくいかないのかもしれません。

ただ、禁煙を本気でする気がある人が禁煙外来を利用すれば成功率はかなり高まるでしょうね。普通に禁煙するより3倍の成功率になるそうですよ。
http://live-strong.info/factor-of-habit-is-non-smoking-success-to-put-a-household-account-book