節水の基本-料金体系を知ろう(埼玉水道局の場合)

水道

こんばんわ

水道料金の請求が引っ越し後初めて来ました。

9月1日~10月12日までの使用で6594円の請求でした。

使用水量は25㎥(一般)汚水使用量25㎥でした。

水道料金

一般、汚水ともに一日当たり0.59㎥使っているようです、一か月あたり18.29㎥使用する計算です。

1㎥の水の量はどれくらいかというと1000ℓの水ということです。

つまり、うちは一日590ℓの水を使用しているということなんですね。

それで水道料金はどういう計算で成り立っているかが大事なところです。

水道料金は一般用と下水道利用料と二種類の請求で成り立っているようです。(埼玉水道局)

水道料金表

うちは口径が20mmなので基本使用料が1080円でした。

今の我が家の水道使用量だと一か月で一般、汚水ともに18.29㎥です。

一般=基本使用料8㎥(1080円)+10.29㎥×175円(1800円)→1か月あたり2880円

下水=基本使用料666円+10㎥まで(17円)+8.29㎥×140円(1160円)→1か月あたり1843円

一カ月の水道料金=一般2880円+汚水1843円=4723円

水道料金は2カ月分請求が来るので一回の請求が9446円ということになりそうです。

節水意識をちゃんと持てば一カ月で4700円かかる水道代を3500円にすることはできるように思います。

そうすれば二か月ごとにくる請求が7000円になるわけですから心理的にも受け入れやすい気がします。現在の9000円くらいの請求をみるたび高いなぁって思いますからね。

節水対策グッズをうちはまだ使用していないので、まだまだ削減の余地は大きい気がします。

節水コマ・節水シャワーヘッド・トイレのロスカットなどなど手法はいろいろあるようです。

節水といっても、水道の料金がどういう風に請求されているか把握していないと節水意識もなかなか芽生えないと思います。

まずはご自宅を管轄する水道局の料金体系を調べて、自分で使用量から水道料金を計算してみるといいのではないかと思います。

スポンサーリンク