引っ越し先のインターネット回線選び-第1章 現在の通信契約状況と引っ越し先の回線状況の確認

ケーブル

現在、NTT東日本とSO-NETと契約してインターネットを楽しんでいます。

最近はフレッツ光もプロバイダーに回線を貸して光コラボっていうセット割引しているようです。自分はそんなサービスの存在もしらず、割高に通信費を払っていたようです。

スポンサーリンク

引っ越しを機に携帯・PCを含めたネット契約を見直し

通信サービスを見直すきっかけはやっぱり引っ越しが多いと思います。

以前から見直したいと考えていても、各社のサービスが入り乱れキャッシュバックなど様々でどこがいいのかわからず面倒くさくて検討していなかったです。

今回は引っ越しなので重い腰を上げて調べ始めましたが、とにかく調べれば調べるほど奥が深い問題のようで丸二日費やしてしまいました。昨日なんて徹夜して調べちゃいましたよ。

現在の通信環境

携帯電話とインターネット通信併せて検討していきます。

現在のインターネット通信

回線 フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ(光配線方式)

回線速度 下り最大200Mbps 上り最大 100Mbps

実測 157Mbps(USENスピードテストを利用)ネット回線スピードテスト

回線速度としては非常に満足しています。

プロバイダー SO-NET

料金はSO-NETから一括請求で月額4050円です。

ソネット請求

ここからフレッツ光メンバーズクラブの特典が毎月ついていて3年以上契約しているので300ポイント(300円相当)もらっています。このポイントは回線の費用の請求元をNTT東日本に変更したらポイントで利用料から300円減額可能になります。ですから、4050円から300円を引いた金額3750円が現在のネット接続費用となります。

現在のネット通信費 月額3750円

現在の携帯キャリア

携帯会社 Ymobile スマホプランS データ通信1G 月額2980円(妻)

携帯会社 Ymobile スマホプランS データ通信1G 月額2480円(夫)家族割引-500円 

          かけ放題プラン        月額1000円(夫)

Ymobileは10分間は通話料無料サービスがあります。

携帯料金合計 6460円


現在の月額通信費

インターネット通信費用 月額3750円

携帯電話費用(2回線分)月額6460円

通信費月額合計   月額10210円

通信費は携帯の通話が長くなればさらに加算されますから最低でもこの金額という計算です。

現在でもかなり節約してこの契約になっていますが、まだまだ費用が安くできるようです。


引っ越し先の通信設備状況

引っ越し先のマンションに入っている通信回線は、NTTとJCOMのケーブルテレビ回線のみでソネットが提供するNURO光、AUの光回線は入っていませんでした。

NTT東日本の回線状況

NTTに問い合わせて、引っ越し先の回線設備状況を問い合わせたところ現在建物で使える回線はVDSL方式という光回線のようでした。

このVDSL方式というのはマンションまでは光回線でつなぎ、マンションの各部屋までの回線は電話回線を利用するもののようです。

引っ越し先のNTT回線のスペック

上り最大 100Mbps 下り最大 100Mbps

現在の回線が下り最大200Mbpsなので速度は半分に落ちてしまいます。

回線速度1Gを最近は広めようとしているNTTですが、建物に回線が入っていないのでは使えないようです。

回線速度が落ちるので料金は下げられるのではないかと聞いたところ、契約者人数により料金は変わるものらしくて引っ越し先の契約人数では逆に料金が400円ほど上がってしまうらしい。

JCOMのネット接続サービス

JCOMはケーブルテレビ会社なのですが、固定電話、ネット接続サービスも行っています。

JCOMの回線速度は契約コースによって違いますが、最大速度下り320Mbps、上り10Mbpsとのこと。

JCOM回線

ネットで調べた評判は通信速度が遅いという書き込みが非常に多く大変不安を覚えました。

心配なのでカスタマーセンターに電話して詳しく話を聞いてみました。

カスタマーセンターの人が言うには、モデムから有線で接続した場合の実測でたいてい三分の一ほどの速度は出るという話を聞いた。ということは320Mコースなら100Mbpsはでるということかと安心はした。

しかし、気になるのは上り10Mbpsという速度である。回線の知識がまったくない自分にはとても不安に思った。聞いてみたが通常のネットの使い方なら問題ないようなことをいっていたが動画などをアップロードした場合時間がかかるようなことをいっていた。

NTTフレッツかJCOMか選ばないといけない

丸二日悩んでどちらの会社と契約すべきか、試行錯誤しているがいまだに心は決まっていない。

回線契約にはキャッシュバックや、携帯会社との割引など様々なサービスと関係していてとても複雑なのである。

NTT回線を選んだ場合の携帯料金減額幅

NTT回線は様々な通信会社が回線を借り受け光回線を提供していて各社様々な割引サービスを提供して差別化を図っている。


ソフトバンク光回線の場合

ソフトバンクの携帯料金 最大月額約2000円割引

ソフトバンクショップにいって聞いてきたが、この2000円割引はデータ通信料金の中から減額するようになっていてデータ通信の料金が大きいプランを契約する必要があるみたい。


Yモバイルの携帯料金  月額500円割引


JCOMを選んだ場合の携帯料金減額幅の比較

JCOMはAUと提携していてAUの携帯料金が減額されるようだ。


AUの携帯料金 最大月額約2000円割引(2年間)

ソフトバンクとおそらく同じような仕組みでデータ通信料金からの減額なのだと思う。


JCOM MOBILEの料金 

JCOM機種によっても割引額が違ったり複雑なので自分が契約したいと思った機種の割引額だけ書きます。

ちょっと複雑な割引でよくわからないけど、相当安くなるみたいです。

JCOM MOBOLEスマホセット長期契約プラン

Jcom割引

JCOMMOBILE料金

12か月間 月額2980円が-395円に、マイナス395円ですよ、これ。14カ月目以降12カ月間が1605円になるそうです。


携帯割引についてはキャッシュバックがあったりと複雑で、何が一番いいのか最善はまだわかっていません。ただ、2016年10月にYモバイルの更新月がくるのでその時にMNP転出して料金を安くしたり、端末を安く手に入れたりするつもりでいます。そのためにはやはり、携帯料金割引ができるネット回線をつなげておく必要があるわけです。


まだ、どこの回線にするか迷っているので今後どうするか逐次ブログにて報告します。