私の禁煙体験 第三章 「家計簿をつける習慣が禁煙成功の要因」

smoking-1111975_960_720
今回は三度目の正直で禁煙開始から3年以上継続している禁煙の話です。

二度の禁煙失敗後は、「もう一生禁煙できないかもな」と半ばあきらめていた時期だったかもしれません。

そんな僕が禁煙できた最後の動機はやっぱり節約でした。


一度目・二度目の禁煙体験から読みたい方はこちらからどうぞ☟

禁煙体験を語る 私は現在禁煙を始めて四年目になります。 今は、もう吸いたいとは思いませんが、たまに食後の一服がおいしかったことを...
http://live-strong.info/non-smoking-by-using-the-non-smoking-foreign

スポンサーリンク

家計簿をつけることでタバコ代の負担を実感しよう

coins-1015125_960_720

今から4年くらい前に私は節約ブログを始めたんです。そのブログ開始をきっかけに家計簿をつけるようになったんです。
毎月の収入と支出を全く把握してなかった状態から、家計の状況を正確に把握できるようになり、タバコ代がいかに家計の負担になっているか実感できました。家計簿をつける前は、毎月赤字なのか黒字なのかもわかっていなくて、一か月で家計全体でいくらお金を使っているか把握できていませんでした。
そういう状態だったので、タバコ代がもったいないとかわかってはいてもあまり心に響いてこなかったんですよね。
重度のニコチン中毒の人って、当時の私みたいに家計に無頓着な人が多いような気がします。
ですから、そういう人には禁煙の前にぜひ家計簿をつける習慣をつくってもらいたいと思います。

家計簿開始後も初期は節煙どまり

家計簿をつけるようになっても、節約開始初期はタバコ代は必要経費だと認識していて禁煙は考えていませんでした。
ただ、タバコ代で月に4万円ほど使っていて負担が大きかったので吸う銘柄をマイルドセブンエキストラライト(410円)からエコー(240円)に変更したりしていました。
このエコーは兄が節約のために吸い始めたのを見て自分も吸うようになりました。兄も非正規雇用でお金がなかったので苦肉の策でエコーにしたみたいです。のちに、コンビニバイトで仲良くなった友人もエコーを吸っていてましたね。やはり非正規雇用で収入が少ない人はエコーとかわかばとか吸ってる人が多いようです。

吸う銘柄をエコーにしたことでタバコ代は38000円から22000円まで圧縮することに成功しました。

節約家としての目覚めがタバコとの決別を決定づけた

ですが、家計簿をつけて節約家として徐々に成長していくにつれてどうしてもタバコ代を何とかなくしたいと強く思うようになりました。

競技としての節約生活

節約って、競技みたいなところがあって熱中するといかにお得に毎日を送るか常に考えるようになるんです。マラソン選手が42.195キロをより短い時間で走れるように練習するように、節約家も一カ月をいかに少ない金額で生活するか日々アンテナをはって努力するようになります。
節約上級者ともなると、生活費を抑えつつもより充実した生活もできるように様々な工夫をこらして節約する前より人生が豊かになったりしています。
当時、私も節約家として徐々に成長をしていく時期でタバコだけは何とかしようとついに決意するに至ったのです。

いざ、三回目の禁煙生活突入

禁煙も慣れたもので今回で三回目です。

3日で体からニコチンがなくなり、二週間も経てば肉体的依存はほとんどなくなることはわかっていました。ですから、この最初の2週間だけ耐えればいいのですからその期間はただただ忍耐でした。

どうやって、タバコを吸いたい衝動を抑えたかというと800万円の札束をイメージして我慢しました。なぜ800万円かというと30年間毎日エコーを吸い続けた場合にかかる金額だったからです。
800万円あげるから一生タバコやめてくれって言われたら禁煙成功する人っていっぱいいると思うんですよね。一生禁煙に成功するっていうのは少なく見積もっても800万円以上の価値があるってことなんですね。そのことをリアルに感じれるようになれたのは、やっぱり家計簿をつける習慣をもてたからなんです。

そうやって2週間の禁煙がうまくいってからは、以前の2回の禁煙の失敗の教訓を生かして二度と一本たりともタバコを吸うまいと固く決意しました。そして、なんとあれから3年以上も経過したわけです。

今ではすっかり嫌煙家

3年以上経った今では、飲み会でタバコを目の前で吸われてもなんとも思わないですしスッカリ非喫煙者となってます。パチンコ屋なんかで隣の人の煙が顔の前に流れてくるととっても嫌な気分になったりしてます。(笑)
私の場合は節約がキッカケで禁煙が成功していますけど、お金が使い切れないほどある人には効果ないかもしれないですね。でも、健康を損なうっていうのは人生最大の損失だってことに気づければきっと禁煙できると思いますよ。
お金より健康のほうが大事なのは誰にとっても同じでしょうしね。