FXを実は引退できていなかった話

FX

こんにちわ

以前の記事でFXを引退すると書いたことがありました。

http://live-strong.info/fx-intai

利益があるうちに引退しようという心理だったのですが、勝ったまま相場を引退するできるほど甘くはなかったです。

スポンサーリンク

FXをやめられない人は多い

やっぱりね、FXって面白いんですよ。

ニート鈴木さんが以前FX取引で大負けして任意整理まで追い込まれていく過程をみていたんですが、FXって本当にダメだと思っていてもやめられないんです。


http://crycat.blogo.jp/archives/8648430.html

だからこそ、FX口座を開設するだけで一万円以上の報酬がもらえる自己アフィリがあるわけですね。

情けないことですが、自分も例外にもれることなくFXをやめられなかったです。

そして、トレードの弱点を克服できるでもなく緩慢なトレードをしてしまい今年の一月、結局大敗しました。

一回の取引で30枚ほどポジったりとポジションサイズの管理がまったくできていませんでした。

そのため、わずかな値動きで損切することが多くなり損切貧乏となり一月は46万円の損失をだしてしまいました。

FX成績2017上半期

さすがに46万の損失はショックでした。

一度口座から全資金出金して頭を冷やしてFXからしばらく離れました。

FXトレードスタイルの変更(小ロット・長期戦も辞さず・損切の排除)

翌月の二月、FXをスマホゲーム感覚で楽しむことに方向転換しました。

ポジションサイズをとても少なくして、損切を徹底排除しました。

ほとんどのトレードって待ってればだいたい助かるんですよね。

だから、ナンピンをしつつ耐えて待つ。

『何年だろうと耐えて待てるくらいのポジションサイズしか持たないこと。』

これだけ徹底して2月からトレードしてます。

その結果がこちらです。

FX2017上半期ver2

2月初期、一度だけ少額を損切りしたのみで、それ以後、勝率100%を維持しております。

2月から現在までで22万円資金を取り戻せました。

ポジションサイズはナンピンを重ねて最大で6枚くらいまでです。

FX口座に投入できる資金余力が1700万円あるので6枚程度のポジションなら損切まで追い込まれることは全くないといっていいと思います。

個人が有利な点は時間的縛りがないことだと思うのです。

損切貧乏を避けて長期戦も辞さない覚悟をもって取引していこうと思います。

FXを始めて半年の感想

やらないよりやったほうがいい。

現時点ではそう思います。

ギャンブル的思考をやめて堅実に取引すれば破滅的な損失をすることはないですしね。

少額から投資できる口座もたくさんありますので自分に合った会社に口座を開設するといいですね。

自分は、少額で取引を始めたのではじめはマネーパートナーズのnano口座を使用しました。

今は、DMMFXです。

マネパのnano口座は100通貨単位から取引できて勉強するにはとてもいいし、そうでなくても資金管理が細かく自分でできるので少額で楽しみたい人向けですね。

DMMFXは最低一万通貨からの取引になるのである程度資金に余裕がある人向きな気がします。50万くらいあればDMMFXでもいいと思いますけどね。

個人的にはマネパとDMMFXをお勧めしますね。